RaspberryPi2でRaspberryよりもグンっスペックが上がり、Windows10LOTも動作するようになった。
様々なOSを選択出来るようになったが、Fedora系のRASPBIANを選択することにした。

Raspberrypiは、基本的にはSDカードにOSを入れて動作させる。
手元の環境がMacbookのため、インストールは比較的簡単だ。

▼OSの入手方法について
‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾
Raspberry Pi – Teach, Learn, and Make with Raspberry Pi
https://www.raspberrypi.org/

上記のURLから、DOWNLOADSを選択し、RASPBIANをダウンロードする。
torrentファイルとzipファイルを選択できるが、試しにzipでダウンロードしたところ、約2時間かかったのでtorrantファイルでダウンロードすることにした。(大体20分程で完了した)

▼raspbianのインストール
‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾
Macユーザーなので普通にターミナルでインストールしてます。
コマンドは背景色は黄色です。

インストールはこれで終わり。

▼インストール後の作業
‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾
インストールが完了したら、SDカードをRaspberryPiに差し込んで、MiniUSBケーブルを挿しこむだけ。
差し込むと電力が給電され勝手に動作を始める。

上手く立ち上がらない時は、インストールが何かしらの理由で不完全になっていることが考えられるため、再度フォーマットしてやり直すことをオススメする。
色々とRaspberryPiに関する記事を探してみると、SDカードの相性問題についての記事があったが、当機においては特に問題はなかった。

初期画面については、google画像検索等からいくらでも画像が出てくるので、本ページでは割愛する。

なお、初期画面はHDMI出力から画面に映し、USBキーボードを差し込んで操作する方が簡単だ。
初期設定については、下記のホームページの記事を参考にさせて頂いた。
CLARA ONLINE TECHBLOG殿の記載通りで問題なく完了出来る。

Raspberry Pi 2 Model B をインストールしてSSH接続できるようにしてみる byCLARA ONLINE TECHBLOG
http://techblog.clara.jp/2015/02/raspberry-pi-2-model-b_install_and_ssh_connect/

ここまでが、RaspberryPi2単体での初期設定となる。

ログイン時のアカウントはデフォルトで下記になっている。

【username】 pi
【password】raspberry